ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

リフレクソロジーとは?

◆リフレクソロジーとは◆

◇「反射療法」と言われる民間療法です。

◇人の体全体がその人間の一部(下記参照1)に縮小され、反射投影されていると言う考えに基づきます。

◇体の不調な箇所の症状を軽くしたり、痛みを和らげたり、健康を維持したり、病気を予防することが期待できます。

◇素手による施術により、質の高いリラックス効果も認められます。

◇部分的な症状にのみ働きかけるよりも、体全体に働きかけることで全身の機能が回復し、心身ともに前向きな改善を期待できます。

◇足もみは足を足として捉えてもみますが、リフレクソロジーは足をからだ全体として捉え、足を刺激することによってからだ全体を刺激している、という考えに基づいています。

◇リフレクソロジーは、足にあるスイッチを入れて体へ「元気になりなさい」と刺激するようなものです。

参照1:反射のポイントは、足、手、舌、顔、耳、脊椎、網膜、頭、性器 (歯?)
これらの共通点は、
・神経が集中している
・他の部分と皮膚の構造が違う
・毛細血管がおおいため、赤みを帯びている(興奮によりかゆくなりやすい)
・皺などの特徴が出やすい

◆期待できる具体的効果例◆
1.血液循環が促進され、体温が上昇
→ 冷え・腰痛・肩こり などの不調改善
2.新陳代謝を高めることにより、体内不要物(老廃物・毒素・不純物)の排泄促進
→肌荒れ、むくみ、疲労感の改善
3.自然治癒力の回復・維持・増進
→病気になりにくい体づくり
4.質の高いリラクゼーション
5.健康な人でも定期的に行うことにより寿命を長くするとも言われています。

Reflexology is the art, science, and study of specific touch techniques. The concept of reflexology holds that various organs, nerves and glands in your body are connected with certain "reflex areas" on the bottoms of your feet, hands and other areas of the body. Moreover, reflexology claims that by massaging these corresponding areas or "maps," prompt relief from a variety of conditions in the body can be obtained. In most instances the thumb, or sometimes a knuckle, is used as the massaging force, although some therapists use vibrators or other external forces. When properly administered, reflexology is thought to help relieve stress and tension, stimulate deep relaxation, improve the blood supply, and bring balance to the entire body.
"Improved circulation allows the blood to deliver more oxygen and nutrients to the cells, and carry more toxins away from the cells and out of the body. Thus, your body gets a jump start balancing and healing itself."
"Although a reflexologist does not claim to directly diagnose or treat a disease, the end result of reflex stimulation may produce a spontaneous remission, through activation of the patient's electrical, chemical and photobiologic self-healing mechanisms," says Zachary K. Brinkerhoff, III, DR, at the Modern Institute of Reflexology in Denver, Colorado. "Although a cure [for a condition] may not be possible, relief is most often a benefit."
ThirdAge: Reflexology: Feet of Magicより
[PR]
# by reflexologist_mo | 2005-12-01 04:01 | ◆リフレクソロジーとは

ワタシについて。

ようこそ!

私はもともと小さい頃から父や姉の背中や肩を揉み解しなれていて、自ら技を開発してしまう研究者でした(笑)。

子供の頃から定期的に体を動かしていたため、「肩が凝る」ということが理解できないのが自慢だった私。ところが大人になって企業へ勤務し、コンピューターを駆使する仕事や、仕事の緊張から、かつて無いほどの肩こりや腰痛になり、東京中の数々の整体やスポーツマッサージに通うようになりました。

仕事を辞めて結婚してからも、コンピューター好き、ネット好きは変わらず、肩こりや腰痛は慢性化しています。(←生活のくせが大きな理由だと思います。)

結婚してから「夫の帰りを待つだけの主婦」の自分に不適格さを実感し、このままではいけない!経済的にも精神的にも自立した生活をしなくては!と思い立った時、まず最初に手に職をつけなくてはと思ったわけです。そこで、①資金が無くてもはじめられて、②自分にためになること、③自分にすでに身についている技術と接点があること、の基本計画に沿って探しているうち、リフレクソロジーにたどり着いたのです。

2005年の夏に、リフレクソロジーの学校を卒業しました。
日本にはいわゆる「英国式」と「台湾式」の二つのスタイルの学校があります。どちらが良く、どちらが悪い、ということはありません。結局は好みによると思います。
学校選びには悩みに悩みました。どちらひとつに決めることは、どちらかひとつの技術や知識しか得られないということです。
私としては、マルチに活動したかったので、結局二つとも卒業しました。しかも同時期に。

ちょうどふたつの学校が、凸凹が重なり合うようにスケジュールがぴったりあったのです。
月・水・金は台湾式
火・木は英国式 というように。日によっては、午後は英国式の授業、夜は台湾式の復習クラスへ、というようにまたぐ日もありました。幸いどちらの学校も同じ方向だったので通学も便利でした。

両方の学校で共通して解剖生理学を勉強するのですが、足の骨を基準に反射区を特定する台湾式では骨の名前までしっかり覚えましたが、英国式では現役のお医者様が講義してくださるのですが、そこまでの知識は要求されませんでした。また、五感にうったえるヒーリングを目指している(よく聞くうたい文句ですが)英国式では、リフレクソロジーのほかにハーブやアロマの講義もありました。
英国式と台湾式は手技はもちろん、アプローチの仕方も違います。学校での練習中に混乱してしまうこともありました(笑)。

現在は開業へ向けての準備中です。お客様によって、オーソドックス(英国式)かオリエンタル(台湾式)、どちらもできるように、そして違いや類似点を説明できるように鍛錬中です。

このサイトは開業準備しながら、また、開業した後にもプロとしてたくさんの経験と情報を整理していけるようにという私のプロジェクトでつくりました。リフレクソロジーによる反応や効果について、日本語での情報がネット上では少ないような気がしたのもこのアーカイブを作ろうと思った理由のひとつです。おそらくそれは、多くのサロンでは顧客の記録のデータをとる習慣が無いからなのかもしれませんが。


自然治癒力はもともと誰でも持っているものです。リフレクソロジーは、自然治癒力を高める方法のひとつに過ぎません。けれども、その効果の中には、時々信じられないものもたくさんあります。私のクライアントの中で、顕著な変化を見せた方がいました。そうなると、リフレクソロジストのタマゴとして大きなステップを踏んだような喜びを感じます。

私の体験談は少ないので、あちこちから聞いた(読んだ)ケースも集めて行きたいと思います。
[PR]
# by reflexologist_mo | 2005-12-01 03:35 | ◇はじめまして/私のこと