ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

You may indefinitely on loan and when I'm dead it's yours!

お友達からの「無期限貸し」の絵。「俺が死んだらあげる」だそう(笑)
f0011208_0132079.jpg


クライアントさんは、施術を受けながらこれは何だろう???と思いをめぐらすに違いありません。

f0011208_0263262.jpg


Grazie, Ton!
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-28 00:13 | ◇はじめまして/私のこと

こんな迷路も

世界一大きな指紋?→ 
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-27 23:49 | ◆Articles

ウガンダへリフレクソロジーを伝えた看護婦さん

f0011208_22534890.jpg


The AIDS Support Organisation (TASO) は1987年からウガンダを支援するグループとして活動を行っています。すでにその規模はアフリカ中に11のオフィスを構えるほど拡大しました。

80年代のウガンダでは、エイズにかかってしまうと不名誉と言われ、恐怖の対象となり、エイズへの誤解や無理解により血縁者からも距離を置かれ、食事を与えられず、なるべく早く逝く事を望まれるかもしくは病院の敷地に置き去りにされるという状態でした。

Newchurchからの看護婦 Betsy Keatingさんとそのリフレクソロジストの仲間の方々はここ数年にわたりウガンダを訪れリフレクソロジーを教えています。

今ではウガンダのチャリティーグループのセラピーリーダーであるMary Lukubaさんがイギリスへ訪れることができるので、BetsyさんはTASOがリフレクソロジーの教育をどれほど進めることができたかを知ることができ、ウガンダのチャリティーグループが独立して訓練をできるようになったことにとてもワクワク感じています。

TASOは活動を開始してから既に20万人もの人々を助け、1500ものサポートグループに所属するエイズの患者でもある人がTASOから訓練を受けることで、リフレクソロジーを他のエイズ患者へ症状の緩和と薬の副作用を和らげるために施しています。

Maryさんは 「Betsyさんは本当に素晴らしい人です。自費でウガンダへいらして、リフレクソロジーの訓練も無料でしてくれました。彼女達のお陰で、私たちがクライアントへできることが大きく変わったのです。」

二十代の女性でベッドの上で苦しんでいた女性がTASOのリフレクソロジーの訓練によってぷ楽ティショナーになった人からセラピーを受けてから、二回目の施術で自ら這うことができ、三回目で身体を起こし歩こうとした話をしてくれました。

「リフレクソロジーによってリラックスでき、身体のストレスを減らし、痺れ痛み苦痛も軽減するのに役立つのです。」

Source : About my area "Local Nurse takes Reflexology to Uganda."Author: Catherine SmythPublished: 20th July 2010 21:17

Original text
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-27 23:22 | ◆Articles

stroke 脳卒中

Donna Cashさんからの質問
脳卒中のクライアントへ3回目のリフレクソロジーを施す予定があります。イングハムメソッドとクラニオ・サクラルリフレックスを施していますが、脳卒中の方が感覚を取り戻したような症例を持っている人はいませんか?このクライアントは右側の足の感覚が全くなく、小脳の卒中の後に再び歩こうとしています。脳卒中のクライアントで成功した例について詳細を教えてください。一週間に一度、45分から一時間の施術をしています。

Kevin Kunzさんからの回答
成功例はいくつかあるのですが、一番驚いたのはリハビリセンターのお年寄りの男性です。バーバラ(妻)が施術していたのですが、施術の後その男性は立ち上がっていきなり腕をぶんぶんと回し始めたのです。スタッフになぜそのような行動をとっているのか尋ねると、この男性、脳卒中後初めて腕を動かすことができた最初の瞬間だというではありませんか。

親指のストレス印を探してご覧なさい。親指の後ろを軽く引っ張って、色が変わっているところ、特に白っぽくなっているところもしくはバブルになっているところがないかチェックしてみてください。これらがあなたがターゲットとするところです。私だったらまた麻痺の場合に目、耳の辺りも注目すると思います。神経が集中して支配している区域であり、四肢麻痺や対麻痺を超えた効果を得る場所となりえるところだからです。

Source : Facebook Question from Donna Cash to Kevin Kunz in Kevin Kunz's wall on 21 July at 03:34

Original text
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-26 19:54 | ◆Articles-APP

カイロプラクティック

身体に興味があるものの1人として、様々なセラピーや療法を体験することはとても大きな意味があると私は考えています。

とあることがきっかけで、アメリカ人のカイロプラクターと出会うチャンスがあり、お互いにセラピーを交換することとなりました。インドの血が流れるAさんは、身体、精神共々とても敏感で、リフレクソロジーを施すと予想外の反応が現れて、私自身とても驚かされました。セラピスト同士というのは心強いもので、その予想外の反応について、個人的に思うことやセラピストとしての対応の仕方などオープンに話し合うことができ、大変得るものが大きかったのです。

そして現在私が彼女からカイロプラクティックを受けているところです。
だいぶ前から骨盤の歪みは日常的なものになっている私ですが、それが何を意味し、私にどのような選択があるのか新しい気づきがたくさんあります。

ちなみに数年前にカイロプラクティックとも接点があるナーブリフレクソロジーを受けた時に骨盤の歪みを指摘されたのですが、それと全く同じ箇所を、まさにAさんがカイロプラクティックの二回目の施術で触れたと言っていました。 Interesting....

思うに、リフレクソロジー、カイロプラクティック、オステオパシー、アロマセラピーなどなど、それらが薬と大きく違うのは、施術を受けてはい終わり治る、というわけには行かないということだと思うのです。

薬を飲む人、セラピーを受ける人、というのはだいたいが共通して何らかの変化を求めている人だと思うのですが、特にセラピーを受ける人というのはセラピーを受けた後にも継続して自ら変化を起こす力を求められます。もちろんその力があるからセラピーを受けに来ているともいえますが、生活を良くしたい、体調を上げたい、健康でいたい、などの長期的な気持ちがあるからセラピーを受けに来ているのだと思うのです。

セラピストは薬を与えるのとは違い、クライアントのそんな潜在的な変化を求めている気持ちを上手く汲み取って、小さな炎に薪をくべるように、変化へのお手伝いや案内をするのが役目なのかな、とも思うのです。

カイロプラクティックを受けながら、そんなことを考える良い機会となっています。
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-26 19:15 | ◆Articles

糖尿病 Diabetes ④

Diabetes mellitus is not a contraindication, but the treatment of such patients requires experience and frequent and accurate checking of the blood sugar level. Performing RTF (Reflexotherapy of the Feet) too roughly or with too much emphasis on the symptomatic zone (pancreas) might cause deviations in the blood sugar level. In extreme cases this can even lead to a hypoglycemic condition with all the typical symptoms such as trembling, cold sweats, tachycardia, pallor, and apathy. (P129)

糖尿病は禁忌ではありませんが、施術に必要なのは施術者の経験と頻繁な施術そして正確な血液内の糖の検査です。RTF(「足のリフレクソセラピー」と呼ばれるリフレクソロジー)を乱暴に行ったり症状のゾーンつまり膵臓を強調して行いすぎると血中糖の値が偏ることがあります。低血糖を引き起こし典型的な症状、震え、油汗、頻脈、蒼白、虚脱が現れる可能性があります。

RTF can help to avoid deterioration of the condition. In addition, the improved blood supply to the extremities is in itself beneficial to these patients. Usually they report that the quality of their life has improved.
The zone of the pancreas should on no account be treated in isolation or excessively. At the beginning of a treatment series we advise starting gently and observing any reactions carefully. In addition to the zone of the pancreas we should always gently tonify all other endocrine glands. Usually it is advisable to treat the digestive tract, but we should consider that parts of the zones of the upper abdomen overlap with that of the pancreas and should therefore also be treated gently.
The zone of the head, especially the eyes, are always included in the treatment to promote blood supply to the eyes and to avoid further complications connected with sight.

RTFは糖尿病による症状の悪化を防ぐのに役立ち、手足などの末端器官への血液の供給を改善します。生活の質が向上したというのをよく聞きます。
膵臓のゾーンは単独で施術したり、強調して施術されるべきではなく、初めは特に優しく、そして反応にかなり注意を向けましょう。膵臓のゾーンに加えて、内分泌へもアプローチし、また消化管も施術を行うのですが、膵臓と重なっている上腹部も優しく施術します。
頭部、特に目へも血液の供給を促進するためそして視覚関係の合併症を防ぐ意味でも施術に含めましょう。

With old diabetic patients we can usually expect a marked improvement of their condition, more so if they are not yet on insulin injections. As with the other groups mentioned, with this age group we also carefully observe the blood sugar level during the series of treatments. In addition, we emphasize with all diabetic patients changes in the nutritional habits and recommend that they have as much movement in the freshair as possible to increase the metabolism of carbohydrates.

インスリン注射をしていない人は特に、お年寄りでも大抵大きな改善が望めます。そうでなくても、施術期間中は血中の糖を常に観察しましょう。
全ての糖尿病の方へ言えることですが、食事の習慣を変えて新鮮な空気の中で身体を動かすことで、炭水化物からの新陳代謝をできるだけあげることが大切です。
Reflexotherapy of the Feet by Hanne Marquardt P129 P130
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-13 00:32 | ◆Articles

糖尿病 Diabetes ③

All diabetic must check their blood sugar and/or glycosuria before treatment begins. As mild hypoglycaemia lasting 24-48 hours is a fairly common reaction, the patient should carry extra carbohydrate on her person for 48 hours after each session. Blood sugar and urine should be tested regularly, since the need for insulin and other drugs is often reduced as treatment progresses. This should be carefully monitored.

施術の開始の前に血中の糖のレベルと糖尿のレベルを検査しておくべきです。施術後24~28時間後に低血糖に陥るのは共通の反応のため、クライアントは予備の炭水化物食品を48時間後は常に携帯するべきです。施術の期間中は、血液検査と尿検査を頻繁に行い、監視して動きを観察するべきです。インスリンや薬をが減るケースが多くあるからです。

Reflex Zone Therapy for Health Professionals by Ann Lett P77
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-13 00:31 | ◆Articles

糖尿病 Diabetes ②

Reflexology produces good results with adult-onset diabetes, especially if the sessions begin shortly after it is diagnosed. (Adults who were juvenile diabetics do not respond as quickly to reflexology because the disease is well established in their bodies) One client of mine discovered after regular reflexology sessions that the triglyceride level in her blood dropped sufficiently enough that her doctor discontinued her prescriptions of insulin.

Each session should last 15 to 20 minutes and be done 3 times a week.

糖尿病に対してリフレクソロジーは、成人発症のものであり、診断されてすぐであれば良い結果を出しやすいものです。クライアントの中で定期的な施術によりトリグリセライドのレベルが下がり、インスリンの必要がないと医者に言われたケースもあります。

15分から20分の施術を週三回行うのが理想です。

The reflexology handbook A complete guild by Laura Norman with Thomas Crowan P208
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-13 00:17 | ◆Articles

糖尿病 Diabetes ①

I have had astonishing results with Reflexology in cases of Diabetes but it takes time and patience.

As in every ailment, we find some who respond more readily than others; so do not get discouraged. It has completely cleared up the condition for many.

If the urine is being tested carefully during this time, it will be interesting to note the increase of sugar showing in the tests the day following your work on this reflex.
The increase in circulation evidently stimulates the liver to throw off more of its excessive load of sugar.

Look for trouble in the other gland reflexes, especially the pituitary and thyroid glands.

驚くほどの結果を出したのが糖尿病のケースですが、時間がかかり我慢を必要とします。すぐに反応するケースもあればそうではないケースもありますが、完全に症状が消滅したケースもたくさんあります。
施術をしている期間に尿検査をすると分かることですが、施術後翌日に糖が増えます。循環が促進されることで肝臓が解毒作用に反応して、糖を排出しているためです。

内分泌腺に注意してください。特に、下垂体、甲状腺に。

Stories the Feet Can tell Thru Reflexology / Stories the Feet Have Told Thru Reflexology P38 P39 P72
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-13 00:06 | ◆Articles

Stress cue-toes pressing together may indicate memory loss

足の指がぎゅっと詰まっているのは、記憶障害を指している可能性も

友人に施術をしている時に気づいたのだけど、第二指が第一指を押している状態だったんだよね。記憶力について聞いてみたら、物忘れがひどくて心配していると言うではないですか。第二指が親指の後ろにあれば、記憶や物忘れについて触れるようにしていますよ。親指にかなりの負担がかけられているようであれば、認知症(痴呆)の可能性も考慮したほうが良いでしょう。

参考サイト : Face book Wall at Kevin Kunz d.d. July 5 2010 Stress cue-toes pressing together may indicate memory loss Friend spreads toes to take the pressure off Works great!#reflexology

Original text
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-09 23:03 | ◆足の観察と考察