ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

カテゴリ:◆施術中の反応( 2 )

リフレクソロジーは痛みを伴うかどうか

様々な意見があります。

痛みを伴うべきではない、
痛かったら施術の後緊張のあまりに疲れてしまう、

痛いこそ効く、
不調があれば痛いところがあって当然だ

などなど。学校や先生が違えば、答えも180度違うこともあるでしょう。また、自身の経験により、学校で習った指導とはまたまた180度違った方向に結論付けられることもあるかもしれません。十人十色の人間に施術をするリフレクソロジーですから、答えもまた十人十色なのかもしれません。


腰の痛みに重点を置いたリフレクソロジーに関するサイトから、リフレクソロジー施術に痛みを伴うかどうかの疑問に参考になりそうな部分があったので紹介します。

f0011208_2541843.gif


全うなリフレクソロジストを見つけること:

予約を入れる前に施術に痛みを伴うかどうか聞いてみましょう。「まったくありません。その反対にリフレクソロジーは心地よいだけです」という答えが返ってきたらそのリフレクソロジストと予約を入れずに、次のリフレクソロジストを探しましょう。全うなリフレクソロジストであれば、痛みを伴うことも十分あるけれどもその痛みは耐えられる範囲内ですということを伝えられるはずだからです。

糖尿病者、かなり慢性的な疾病を抱えている人、ヘビースモーカーは足の感覚が通常よりもかなり落ちています。慢性患者と喫煙者の場合には数回の施術で感覚が戻る可能性が十分ありますが、糖尿病の人たちは感覚が戻るまでにそれ以上に時間がかかります(何週間か、何ヶ月か、ケースバイケースです)。

約一時間の施術中にはリフレクソロジストが深い圧をかけていると感じるのが理想的です。圧がとても軽いと感じれば、施術の効果があまりないもしくは全くない可能性が十分あります。その場合、私だったら別のリフレクソロジストを探すことでしょう。

© 2008-2009 Reflexology 4 Backpain. All rights reserved.より
f0011208_2541843.gif


リフレクソロジーに痛みを伴うかどうかは、私の中では現在進行中のテーマのひとつです。
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-04-29 02:58 | ◆施術中の反応

考えられる施術中のクライアントの反応

◇体温が下がるため、寒くなる 
 私がリフレクソロジーを受けると、大抵寒くなります。

◇体温が上がって、暑くなり汗をかく

◇口の中や喉が渇いてくる

◇トイレに行きたくなる

 私が持ったクライアントのなかで、ありとあらゆるアレルギーをもっている方がいました。リフレクソロジーの前に必ずトイレに行っていたのですが、6回目の施術のときに右足が終わって左足に行こうとしたときトイレに行かれました。代謝が活発になってきた兆候と思われます。

◇手や足などにしびれのようなものを感じる 
かつて怪我をしたことがある肩に、ぴりぴりしたものを感じたと言うクライアントがいました。

◇鼻水が出たり、咳き込む
◇お腹がなる

 私自身も経験があります。刺激により、胃や腸の活動が活発になっているような気がしました。

その他、独り言を言う、歌いだす、涙がでるなどの情緒的な反応を示すクライアントもたまにあるようです。
[PR]
by reflexologist_mo | 2005-12-02 19:16 | ◆施術中の反応