ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

カテゴリ:◆ケーススタディー( 6 )

麻痺とリフレクソロジー (2)

前回書いた「麻痺とリフレクソロジー」。その後の状況が一転しました。

ナディーンの娘さんからメールが入り、12月14日(火)の時点で、平行になっている手すりにつかまって誰の介助もなしに立ち姿勢を保てたのだそうです。さらに、この手すりにつかまりながら、小さい歩行を4~6歩進むことができたそうです。さらにさらに、このような小さな歩行を何度か行ったと!

ナディーンのご家族、そして理学療法士チームも非常に驚き、喜んでいるとのこと。

麻痺を抱えた方がここまで進展を遂げるなんて、驚きです。FBを通して世界に散らばっているリフレクソロジスト達もお祝いのコメントをケビンに送って喜んでいます。

ケビンが言うには、(彼が行ったことと言うのは)誰でもできることであり、(効果を得るためには)例えて言うなら暗号を解くようなものだと。彼の研究による考察では、耳と目の反射区を何度も何度も繰り返し時間をかけて施術をすることが鍵なようです。

ナディーンのケースにより理学療法士のチームの関心が、クンツ夫妻と彼の活動へ向けられているようですがこちらの動向も目が話せません。何と言っても30年にも渡って麻痺とリフレクソロジーの研究をしているんですからねぇ。

ナディーンのケースを、近いうちに日付を追ってまとめたいと思っています。

参考サイト:Reflexology Live
"More Nadine News" Dec 14 2010
"Nadine Took Steps" Dec 14 2010
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-12-15 17:20 | ◆ケーススタディー

麻痺とリフレクソロジー

f0011208_141132.jpg
FBにて麻痺を抱える女性ナディーンさんの施術の報告をビデオを交えて最近公開しているケヴィン・クンツ氏。

Kevin Kunz: Sunday, Wednesday and Friday was all I worked on her. Barbara worked on her for 2 sessions. She had been paralyzed on her left side for 3 weeks prior to us starting to work on her. We didn't work more than 45 minutes.
07 December at 00:26

日曜日、水曜日、金曜日の三回、それぞれ45分内の施術。バーバラ(奥様)が2回担当。左側がリフレクソロジーを始める前に3週間麻痺して動かなかったそうです。

Source : Facebook Kevin Kunz's page

だいぶ前ですが彼の研究のレポートのページ、再読して訳(毎度毎度すみませんが、簡約です。読みづらくて申し訳ない・汗)しました。長いので二部(か三部)構成でアップしたいと思います。

f0011208_045431.gif

リフレクソロジーはどのような仕組みで身体に影響を与えるのでしょうか?私たちが初めてこの疑問を挙げたのは1981年のことです。麻痺の研究をしていて分かったことは、リフレクソロジーの価値あるところは、足へ圧を加えるということです。この圧が身体に備わっている自律と体性の制御の応答を引き出しているのです。自律と体性の統一、つまり内臓と感覚のインプットの調和というのは、生き残るために必要な基本のメカニズムなのです。(参考:http://physiology1.org/doc/chapter.php?Id=231)例えば、人が車の下敷きになって危急存亡である状態の時に車を持ち上げられるのは、自律神経のシステムによってアドレナリンが注がれ、体(感覚)システムへ実際の行動を促すように指示をしています。もっと日常的平凡な例であってもこの連携は威力を発揮します。リフレクソロジーの研究で麻痺のケースに取り組んでいると、はじめて「通常」の神経系の抑制を受けずにこれらの連携を観ることができるという利点があるのです。

私たちの麻痺の研究は終わりがありません。この研究によって足がどのように機能するのか洞察が深まり、またどのように足へアプローチをしたら良いのかより理解が深まるのです。

1981年7月19日からのレポート
Jは28歳であり四肢麻痺で3年前の事故によりC3,C5、C6を損傷。施術は1980年2月12日に開始しそれ以来手と足へ圧を加え続けています。

Aは24歳の対麻痺を抱えていて5年前の事故によりT2,T3,T4を損傷。施術は1980年11月19日に開始。同様に手足へ施術を行っています。

Kは14歳で対麻痺で四年前の事故によりT10を損傷。1980年11月7日に施術を開始。またFeldenkraisセラピーも3年間続けています。

Jは少しずつ感覚を取り戻しており、痛み、熱、冷たさ、軽い接触、そして深い圧を感じることができるようになりました。この機能は身体のあちこちで起こっているようでどうやらデルマトームからデルマトームへと飛んでいるようなのです。最初にJが感じたのは足からふくらはぎを走る焼け付くような激しい痛みでした。Jの表現によると煉瓦を足に落とされたような感覚だったそうです。やがてその痛みの感覚は痺れに変わりそして深い骨の痛みに変わりました。そのうちにその痛みが足へ施術することで始まるようになり、痛みが残るために施術を和らげて欲しいと訴えるまでになりました。1980年7月のそれ以来、施術の時間と圧の強さは一定ではなくなりました。痛みの感覚は、局地的な痛みが離散した形に変化していきました。
Jは満腹感を感じることができるようになり、さらには尿意を催す感覚も感じることができるようになりました。Jは1980年の秋に車内のヒーターの側に脚を置いた時に熱を感じることができると言いました。それだけでなく、Jの運動能力も徐々に取り戻していました。上肢の動きと手首の位置の調節や制御は最も目を見張るものでした。先週には、補助器具の横板(?)を使うことなく車椅子からベットへ初めて自分で移動することができたのです。動きをコントロールできる指もいくつかあります。また身体全体のイメージも感覚として持っていると言います。

最も興味深い進展は左足へ圧を加えた時のJの体の反応です。この圧が右手の指の引き攣りの反応を促すのです。この現象は時間が経つにつれて治まっていきました。
Kは手足の間の交差反応を見せました。手のある区間へ圧を加えると足の指と足全体へ引き攣りを起こしたのです。繰り返し同じように起こるのではなく、不特定に起こりました。Kは手の特定のポイントに圧を加えると足の特定の箇所に感覚が生じると教えてくれました。それぞれの手には圧を加えるとその感覚が生じる二つのポイントがありました。

J,A,Kのそれぞれのケースで足の特定のポイントに圧を加えると手の指の特定の組み合わせで引き攣りが起こるのです。17ヶ月間施術していてこのような交差反応は少しずつ薄れていきました

対麻痺を抱える方への施術でも似たような交差反応のパターンが見られました。どちらの対麻痺のケースでも始めは足へ加えられる圧の反応で足首から上への引き攣りが起こりました。施術が3カ月に達する頃にはこの引き攣りが系統だてて起こることがはっきりしました。6ヶ月に達する頃には、KもAも足へ加えられる圧へ、同じ系統に従って引き攣りが起こりました。圧を受けている足が背屈するように、また受けていない足が底屈するように痙攣したのです。足が外側へ倒れている場合にはゆっくりと内側へ足をまわしてから、逆に足が内側へ倒れている場合にはゆっくりと外側へ足を回してから、この系統だった筋肉の痙攣の反応が見られました。足自体が勝手に位置を整えているようでした。背屈・底屈の一通りのサイクルの間、答えるように腰が浮き、足の指がリズミカルに波を打ちます。8ヶ月半の施術の後、このような交差反応は全く無くなりました。

*「引き攣り」「痙攣」は英語ではspasmと言って、筋肉の収縮のことを示します。分かりやすく言えば、ピクピクと動くこと、ぎゅっと縮まることでしょうか。

*「交差反応」と勝手に訳しましたが、crossoverとケヴィンは言っています。

Source : Reflexology Research "Paralysis Report" by Barbar and Kevin Kunz
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-12-14 00:59 | ◆ケーススタディー

昏睡状態とリフレクソロジー

ブランコから落ちて頭蓋骨を損傷して以来、一度の眼を覚まさなかったレキシーちゃん(2歳)。病院のベットで流動食と呼吸装置で命をつないでいる状態だったそう。
そのニュースを聞いてリフレクソロジストのケンがレキシーちゃんのお母さんに連絡を取り、朝晩週末問わずに施術を続けたそうです。

ある日、レキシーちゃん、身体を曲げてケンの手を握り、ケンを見て微笑んだというのです。
そして、日に日に回復を見せ、退院するまでになったようです。

ケンはこのセラピーをNeuro Synthetic Conduction Therapyと呼んでいます。神経(Neuro)とは、概して言えばライターのようなもの。ライターに実際に火がつくまで何度も何度もカチッカチッと点火作業を繰り返すのです。

カチッカチッという点火作業がつまり、リフレクソロジーの施術のことで、この刺激のメッセージを受け取って脳、そしてやがては内臓・腺・筋肉骨格などに点火をさせる、ということなのでしょうか。たぶん・・・。

ちなみにケンは盲目で、彼自身は盲目になったおかげで今までやってこられた、と言っています。また、Neuro Synthetic Conduction Therapyが必ず結果を出すことを認識していて、今まで3000人のクライアントに施術を行い、さらにより多くの人達を助けたい、という信念を持っています。

こんなニュースを読むと、昏睡状態の家族や友人を持っている人達だけでなく、セラピストとして活動されている方々も勇気付けられることでしょう!(私もそのひとり)

オリジナルはこちら

If you want more information about Ken's Neuro Synthetic Conduction Therapy, you can call him at 727-204-2905. Ken is a licensed massage therapist, with a concentration in reflexology. He is registered with the State of Florida, license number MA33492.
[PR]
by reflexologist_mo | 2008-06-25 16:28 | ◆ケーススタディー

偏頭痛 migraine その2

偏頭痛の症状や原因についてはたくさんのサイトや本が世に出されていますが、Wikipediaが具体的かつ分かりやすい構成で説明されているなと思いました。

彼女の場合、仕事が座り姿勢の多い内容で、車の運転をよくすること、呼吸が常に浅いこと、肩背中腰がバキバキに硬いこと(本人はあまり気にしていない)、など・・・から、筋緊張性の偏頭痛なのかな、と考察。遺伝、ということだけで片付けてしまうのはちょっと悲しいのでね。

朝、夜、できるだけでいいので頭を空っぽにして深呼吸をすること
 (↑気持ちをリラックスさせる最初のエクササイズとして)
水(紅茶やコーヒーではなく、水)を良く飲むように気をつけること
 (↑一度何かを始めたらなかなか休憩をしていない様子だったので。
   おそらくトイレにもあまり立っていないのかも、という予想もあって。)

ということを実行してもらって、4回目の施術のあと4日おいて会うと「ゆうべ小さいのが来ただけだった」とのこと。トイレにも良く行くようになったと言っているので、毒素ちゃん退散しているのかもしれません。
[PR]
by reflexologist_mo | 2006-03-01 02:07 | ◆ケーススタディー

偏頭痛 migraine

クライアントAさん。60代前半。オフィスワーク。ノンスモーカー。

小さい頃から偏頭痛持ち。父親や息子も偏頭痛持ち。以前は月経を関係して偏頭痛が起こったのだけれど、今は週に2回起こる。片方の頭から始まって、悪くなると耳や背中まで痛くなる。痛み止めの薬を常用。夜中に頭痛で目が覚めることも。
ありとあらゆることをやってみたけれども、ちっとも良くならなかったそう。

リフレクソロジーでどこまで変化が現れるか・・・・。
[PR]
by reflexologist_mo | 2006-02-11 21:58 | ◆ケーススタディー

セッション中の悪寒

【ケース状況】
I have a client suffering from Irritable Bowel Syndrome. except for that he has a very low energy level. Whan he first came, he was so tensed that I almost could't work his feet. We have already had 5 sessions (on a weekly basis) and it's getting better every time. He claims to have much more vital powers in his everyday life. IBS also seems to bother him a bit less.
Still, there's something I'm facing for the first time - during each session his feels extremely cold. After first 10 minutes I have to give him 1 or even 2 extra blankets.
I know that during the session body's temperature may go down (or it can happen after the session, as well as other "side effects" as nauseaous, feeling dizzy etc as a normal result) but maybe anyone of you have had same issue with such extreme chill. Just to add - the customer feels cold - but the feet remain warm during all the session.
Nov 2, 2005 Magda

【仲間からのアドバイス】
*The only reason I can think of is that the heart rate drops, blood circulation slows down a bit. (If we sleep at night we also tend to get colder more easily)I do not think you need to worry about this.
Nov 3, 2005 AvD

*hi keep up your sessions,what your client is experiencing is an eliminating process. it will calm down with time be patient keep up the good work cold syndr9ome is a defense process
Nov 4, 2005 DD

【同様のケース】
i also share same experiences ..sometimes a person feels too cold and sometimes they sweet a lot ..in one case it was like water pouring from hands ...
that is part of the cleansing process ..but as a person improves and with fewsessions this becomes less .
so its good i believe as it shows that a person is responding to yhe treatment..
Nov 9, 2005 ka

【その後の経過】
Yesterday I had another session with this client, and this time he got cold not after first 10 minutes, but more after 20-25...so it gives me hope that the healing process is advancing...
Nov 10, 2005 Magda
[PR]
by reflexologist_mo | 2005-12-03 01:13 | ◆ケーススタディー