ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

3.11震災が起こった、その意味は? その後の生き方は? 考察へのヒント

今回の震災だけでなく、今まで地球上に起こってきた天災による被害を、必然だと受け入れるには、余りにも大きな辛い出来事だと思います。

今、こうしたことを私がお話ししてしまうと、普段お伝えしているメッセージと違うのでは?とか、起こることは全て自分が選んでおり、 偶然もまた必然では無いのか?

と混乱をきたしてしまうかもしれませんが、私も当たり前ですが現在は今世に生まれ来ており、皆様と同じように修行中の段階の人間です。

こうして起こった出来事に悩み考えること。そして、考えに考えた末に自分なりの答えを探して生きて行くことこそ今世の修行なのではと思っています。

日頃から申していますとおり、修行を楽しくするも苦しくするも自分次第です。

今回の出来事をどのように受け止めて、これから生きて行くのかが大きな見えない存在からの課題だと思います。

日本人だけでなく、世界中の多くの人が今回の出来事を通して、今まで気が付かなかったこと。考えなかったこと。見て見ぬふりをしてきたこと。

知らなかったことに対して、原発を含めて沢山の事実を知り考える必要があったのだと感じます。

(中略)

カウンセリングを通して、沢山の方の人生に触れる度に、人は1人で生きているのではなく、生かし合っているのだと感じます。

自分も皆様にとっても数分後には何が起こるか分かりません。

また皆様が思っている想いも、当たり前ですが、思っているだけでは伝わりません。

私が、今回の震災で感じたことの一つが”感謝の思いは直ぐに伝えよう”ということでした。

(中略)

物も人もいつかは朽ち果てる儚いものです。

無くすこと、離れて行くことを考えるよりも、いつ無くしても後悔しないように精一杯向き合い愛することが大切ではないでしょうか?

自然の自浄作用でもある天災。天災はいつ何時に起こるか人間の力で測り知るには限りがあると思います。

しかし人災の部分は、いかようにも扱う人間の心持で防ぐことが可能です。

今回の出来事を通じて、皆様がそれぞれに感じられたことをそれぞれに紡いでいくことが大切です。

スピリチャルセラピスト 相照心オフィシャルブログ 「2011-6-9 ご質問へのお返事です」 より

いつ無くしても後悔しないように精一杯向き合い愛する、ということ。相照心さんのこの記事を読んで、私の心に深く響いた部分です。私にも無くしたくないものはたくさんあります。こだわっていることもたくさんあります。なるべく持ち物を持たずに生活したいと思いつつ、モノが減るスピードは増えるスピードよりもノンビリです。

そして「無くしても後悔し」たくないのは物だけではなく人間関係でも同じです。身近なところで夫、両親、姉妹、友人、師・・・・、私と彼らとの関係は、今無くしても後悔しない関係であろうか?

後悔しない生き方とは、言い換えれば自分が死の間際に立った時に、あーまた自分の人生を繰り返してもいいなあ、と思えることだろうと感じます。そのためには、相照心さんがおっしゃっているとおりに「感謝の思いは直ぐに伝えよう」という行動がとても大事だということが心から感じられます。

私の心はなんと言っているか? What does my heart tell me?

コレ。
[PR]
by reflexologist_mo | 2011-07-21 22:39 | ◇My inspiration
<< 「神経」「動脈」「軟骨」「脳」 6月 今年もあと6ヶ月です。 >>