ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

Beryl Craneさんの副鼻腔への施術の様子

Beryl Craneさんの副鼻腔へのアプローチの動画です。

まず、クライアントさんに、左右どちらの副鼻腔(鼻)が詰まっているか確認してもらっています。この女性は、右の方が酷いということなので、Beryl さんは右足へ施術しています。

Beryl さんが副鼻腔の反射区のうち、足の甲側から始めます。刺激しているうちにtender pointと呼ばれる軽い痛みのようなものを感じる箇所を発見します。
「何度も繰り返しする必要はないのよ」
「副鼻腔の反射区にあたる箇所全てを刺激するのよ」
と言いながら、今度は足の裏側の第二指と第三指を万遍なく網羅しています。

そしてクライアントさんにもう一度鼻のつまり具合を確認してもらうと・・・
「まあ、すごい!」

その後、左足に、右足にあったようなtender pointがないかどうか、左足の副鼻腔の反射区も確認しています。(親指、第二指を触っているように見えるのですが不明・・)


[PR]
by reflexologist_mo | 2010-09-30 02:20 | ◆Articles
<< Clinical Reflex... リフレクソロジストよ、どんどん... >>