ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

リフレクソロジストよ、どんどん書きましょう!

W.R.W.に便乗して、リフレクソロジーの体験や考察を記事にしてみたらどうですか、という提案がとあるサイトで上げられました。

1日や1週間コースでリフレクソロジーを勉強した人は別ですが、リフレクソロジストの勉強を集中してやっていた頃は、誰もがしっかりと記録付けをしていたはずです。ケーススタディーがカリキュラムで必須なのも、どのように観察をし、考察し、比較し、記録するか、というトレーニングになるからです。私が師事した先生方も、必ず記録をとるようにしなさい、と言っていました。

記録、ライティング、記事、ケーススタディー、言い方は色々あります。その重要性について述べたリフレクソロジストのケビン・クンツ氏のブログの記事の一部を紹介します。

f0011208_23193690.gif


(記録を残さないことによって、リフレクソロジーの)技術や施術の様子が記録に残らず、失われ、そのものの存在自体が徐々に消えて行ってしまうということが最も懸念されます。
かつて何年にも渡ってご自身の経験をまとめられた方もいると思います。そういう方の中には公に発表することをためらい、誰にも共有せずに去って行った方もいらっしゃるでしょう。

忙しすぎるとか上手に書けないという理由はたくさんあることでしょう。
いづれにせよ、あなたが書き留めないと簡単に消え去っていくことは明白なのです。

私がリフレクソロジーライターとなることを薦める理由は次の通りです。

1)書く事でより質の高いリフレクソロジストになれるのです。書く事で目の前にある問題が浮かび上がります。我々は仮にもリフレクソロジーの世界的な専門家になりつつあるのです。それは、一夜にして成し遂げた訳ではなく、記録するために、より焦点を当てて観察し続けてきたからなのです。記録は実績の足跡としても残ります。それぞれの足に注目し、それぞれが違ったストーリーがあると後年に伝えるためにも記録という方法があるのです。

2)書く事で自分が成し遂げてきた仕事の記録が出来上がります。単なる日誌のようなものではなく、ご自身が観察してきたことの記録なのです。どんな特殊な点を観たのか?どのようなことに一貫性を見つけてきたのか?などです。

3)書く事で過去の結果と比較し、違いを見つけることができます。または症状別の足の特徴(stress cues)を過去に見たものと比較し、小さくても違いを見つけることのできる能力が養われます。足の観察能力というのは記録することで養われます(長い第二指が大変興味深い結論に至った本を、過去に一冊書き上げています)

4)書く事でご自身の専門へより良いイメージを与えます。目的が定まっていると見られ、一般的に言って、出版した経験のある方というのは一目置かれるものです。クライアントだけでなく他の専門家からの信用度も上がります。出版というのはアカデミックでは重要なポイントなのです。

最後に、書くというのは楽しいことです。考えを巡らし膨らませてくれます。ついに出版されるとかなり満足するものです。リフレクソロジストとしてだけではなく、書く事で1人の人として成長することができるのです。

私たちは(ケビン氏とバーバラ氏は)17冊を19カ国の言葉で出版したら、リフレクソロジーが役に立ったというお手紙をもらい、私たちも素晴らしい喜びをもらいました。

書く事は足の指を触るようなものです。練習をし続ければそれほど難しいことでなくなります。
さあ書き始め、書き続けましょう。リフレクソロジーについて書きたいと思ったら、どんなことをあなたは書きたいと思いますか?

引用 Reflexology Live : Why Reflexologists Need to Be WritersSeptember 22 2010



The serious threat was that the techniques and practices had not be documented. And like anything that has not been written down there is a real possibility that these practices can be lost or altered so the existing practices fade out of existence.


There have been many reflexologists over the years who we have encourage to write down their experiences. Many have been reluctant and some have even passed away taking their experiences with them.

Excuses abound from being too busy to not being a very good writer. The bottom line is that if you don't write it down it can slip away very easily.

So here are my reasons to become a reflexology writer.

1) Becoming a writer helps you to become a better reflexologist. Writing helps you to focus on the issues at hand. We are credited with being international experts on reflexology. That didn't happen overnight but there is no question that writing made us focus on what we were observing. It also left a trail that we could pick up on at a later time. It made us focus on each and every pair of feet as a story that need some telling.

2) Becoming a writer documents your work. This isn't just record keeping but it is also documenting your observations. What unique elements did you observe? Or what elements do you see in a fairly consistent basis?

3) Becoming a writer gives you an ability to compare and contrast your results with past results. Or it gives you the ability to compare and contrast the stress cues with other stress cues you have seen. Our whole approach to reading the feet comes from our writing. (We even wrote a whole book on a longer second toe which lead to some really interesting conclusions.)

4) Becoming a writer promotes a good profession image of you. People respect writers in general as having a purpose and a focused approach. It gives you credibility with not only other your clients but other professionals. Writing is an important part of respected professions.

Finally writing can be a joy. It can let you explore an idea and help it grow. It can be very satisfying to see it finally in print. (I will cover this in the next blog.) Becoming a writer can make you grow as not only a reflexologist but also as a person.

With 17 books in 19 languages we have had a great deal of joy from the letters we have received telling us of the help reflexology has been to them.

Writing is somewhat like touching your toes. If you practice enough it becomes easier and easier.

So get writing and don't stop. What would you write about if you were going to write about reflexology?


Kevin Kunz
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-09-23 23:43 | ◆リフレクソロジストとして
<< リフレクソロジストよ、どんどん... W.R.W >>