ブログトップ

CLINICAL REFLEXOLOGISTへのSTEPS!

reflexfeet.exblog.jp

足から分かる健康状態 18のチェックポイント その①

f0011208_1701663.jpg


「足を観察することで糖尿病から栄養不足まで発見することができるのです」とAmerican Association of Women Podiatrists(アメリカ女性足病医協会?)でありAmerican Podiatric Medical ASsociation(アメリカ医療足病医協会?)のスポークスウーマンのJaneさんが言っています。

最も下にある左右の身体部分はたくさんの洞察を与えてくれる情報を持っているのです。例えば、両足の骨を合わせると、身体全体の骨の4分の1を占め、また、それぞれが33もの関節があります。それから100の腱と筋肉と靭帯があり、心臓、脊椎、脳へ繋がっている数え切れないほどの神経と血管があります。

1. Red flag: Toenails with slightly sunken, spoon-shaped indentations
1 危険度:高 足の爪が沈んでいる、もしくはスプーンのように凹んでいる


考えられる原因 : 鉄分不足による貧血 潰瘍や生理によって大量に出血し貧血に繋がっている

他の症状 : 手の爪はどうですか。皮膚が青白くありませんか。爪が割れたり、足が冷たかったり、疲労を感じやすく、息切れ、頭痛やめまいはありませんか。

2. Red flag: Hairless feet or toes
2 危険度:高 毛がない足や足の指


考えられる原因 : 血管疾患による循環機能の低下。動脈硬化などによって血液を循環させる機能が低下すると身体は送り先を限定しないといけなくなり、手足のような身体の端までは届かなくなります。
毛のある足のほうが健康的なのです。

他の症状 : 足の脈は弱くないですか。足の甲や内側の踝のところでチェックしましょう。
立ち姿勢になると足は赤もしくは夕闇色になり、横になるとそれらの色が即座に消えませんか。皮膚はピカピカと光沢を伴っていませんか。心臓疾患があることには気づいていても、循環も低下していることに気づいていない人もたくさんいます。

3. Red flag: Frequent foot cramping (charley horses)
3 危険度:高  足がつる


考えられる原因 : 突然の筋肉の収縮は運動や脱水症状な状態で起こりますが、頻繁に起こるのであれば、カルシウム不足、カリウム不足、マグネシウム不足が考えられます。妊娠によっても起こりやすくなります。

対策 : 足首を動かして痛いところをマッサージ。冷却剤やアルコールを塗って、足の筋肉をリラックスさせるのもひとつの方法です。寝る前にストレッチをし、暖かい牛乳を飲んでカルシウムを摂取すると良いかもしれません。

4. Red flag: A sore that won’t heal on the bottom of the foot
4 危険度:高  痛みを伴い足の裏の傷が治らない


考えられる原因 : 糖尿病で良く見られる傾向です。血中糖分が上がり、足の神経を侵しているのです。こすったり押されてできた、ちょっとした擦り剥けや、切り傷、炎症などに気づかず放っておかれて感染し、最悪は切断に至ることもあります。

5. Red flag: Cold feet
5 危険度:高 冷たい足 


考えられる原因 : 女性は冷たい足を気にします(というかむしろベットの相手が冷たいと文句を言うものですが)。特に気にするようなことではないかもしれませんし、もしかしたら甲状腺が原因かもしれません。
一般的に言って女性のほうが体内温度が男性よりも低いので、健康体であっても寒さに敏感になるのです。女性が40歳を超えて冷たい足に悩むようになれば、体温を調整するのと代謝に役割を担う甲状腺の機能低下もみられるかもしれません。また、男性女性に関わらず、循環機能低下も冷たい足の原因になります。

他の症状 : 甲状腺機能低下症の症状はかなり曖昧でたくさんの他の疾病にも共通するものです。例えば、疲労、鬱、体重の増加、乾燥肌など。

source : 18 Things Your Feet Say About Your Health
[PR]
by reflexologist_mo | 2010-07-02 18:12 | ◆足の観察と考察
<< 気とリフレクソロジー 圧の響き >>